ラベル 日記 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 日記 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

都筑民家園に春の訪れ 菜の花さんと呼ばれた記憶

11:01 0

都筑民家園に春の訪れ  菜の花と呼ばれた記憶

都筑民家園に春の訪れ

都筑民家園のお庭に菜の花が咲いていました。

菜の花の黄色は冬景色を一変させてしまう色ですね。

菜の花の黄色は、厳しい寒さをふわっと忘れさせ、春の訪れを告げる。


都筑民家園の菜の花
都筑民家園の菜の花

黄色い花はたくさんあり、夏の向日葵も黄色の美しい花です。

向日葵の太陽に負けないくらいの強い黄色とは違って、菜の花の黄色は春の陽ざしに溶け込むような優しい色です。

菜の花さん?

遥か昔、高校生の頃、クラスメイトと「お花に例えたら何の花?遊び」をしていたら、私は「菜の花さん」と呼ばれた記憶がよみがえった。

さらに小さなころ、家には(自給自足のための)畑があって、菜の花は私にとって「菜っ葉の花」だった。
「菜っ葉の花」より「薔薇」や「百合」と呼ばれたいと感じた思い出。笑

友人たちはどういう視点で私を菜の花と呼んだのか、今となっては知るすべもないが。。。

都筑民家園の菜の花
都筑民家園の菜の花

そんな人になりたい

でも今なら率直に嬉しく受け止められるかもしれない。

菜の花のイメージは、華やかではないけど、暗くはない。冷たくもない。

明るいし温かいし優しい花だもの・・・。

今なら、私は「ほんのり温かく優しく包み込むような、麗らかな春の陽ざしのような、菜の花のような、そんな人になりたい」って言える。

https://www.avail-home.co.jp/


ジョギングの効果とジョガーシューズ

16:12 0

ジョギングの楽しみ

距離がのびる嬉しさ

毎夜ジョギングをしています。

初め、10カ月前ウォーキング30分からスタートして、今は、ジョギング40~45分。

ウォーキングではあまり効果が見られなかったのですが、ジョギングするようになって、効果を感じるようになりました。

初めは5分走っては「ふーぅ!」って感じでしたが、(スロージョギングではありますが)40~45分走り続けることができるようになりました。
 
多分4~5㎞。。。
 
走れる距離がのびる嬉しさ!たまりません。

 

身体の変化

贅肉が筋肉に

体重は3㎏減りました。というかスタート時3kg増えた状態だったので、±0ではありますが、何となく身体が締まってきました
 
きっと贅肉が筋肉に変わってきつつあると思います。
 
先が楽しみ。

食べ物は割に食べても飲んでも体重が増えません。
 
代謝が悪かった身体に変化が出てきたと思います。

便秘解消

これまでひどい便秘症でした。

ジョギングを始めてすぐに薬に頼らなくなり、便秘も解消しました。

寒さに強く

2㎞くらい走ったところで真冬でも暑くなり身体が汗ばんでる気がします。

普段も寒さに強くなり、冷え性も解消です

時間もお金もかけずに

色々な変化を感じられるようになって、楽しくなってきて、凍りそうに寒くても苦でなくなりました。

ランニングは、お金も時間もかけたくない方にお勧め。身ひとつでいきなり始められます。

夜、寝る前の30分40分テレビを見ていればあっという間の時間です。
 すっかり習慣化してきました。
 

従兄のプレゼント

モンベルのパームランドジョガー リールアジャスト Women's。

リールアジャスト

それで従兄が応援の意味を込めて、シューズをプレゼントしてくれました



モンベルのパームランドジョガー リールアジャスト Women's。
モンベルのパームランドジョガー リールアジャスト Women's。

モンベルのパームランドジョガー リールアジャスト Women's。

リールアジャストシステムといって、ひもを結ばなくてよくて、ワンタッチで履けるところも良いです。



モンベルのパームランドジョガー リールアジャスト Women's。
モンベルのパームランドジョガー リールアジャスト Women's。


まではいていたスニーカーは、歩いている時によくひもがほどける。。これはつきもの。

履くときにも靴ひもをちょうどよく絞めて履くのには時間がかかるので、スポッと入るくらいに緩めにしておく。

この問題がすっきりクリヤー!

アジャスターを回すだけで締め付けられ、リリースするときはアジャスターのロックを開放すると容易に広がります。

よくひもがほどけて結びなおしていましたが、その手間がない。軽量で走りやすい。歩きやすい。




モンベルのパームランドジョガー リールアジャスト Women'sのアジャスター
モンベルのパームランドジョガー リールアジャスト Women'sのアジャスター


モンベルは、センター南の東急SCにも入っています。


売場を見ていたら、欲しいものがたくさんありました。

帽子やリュック、キャップやソックス、タウン着になりそうなものもたくさん。。




モンベルのショルダーバッグ
モンベルのショルダーバッグ

ショルダーバッグも

ついでに、ポケットに鍵を入れたり携帯電話を入れたりして、走りにくいので、モンベルのショルダーバックを買いました。

次は、ウエアも揃えたいなぁ。

ゆっくり揃えて楽しむうちに、私の身体もしまり筋肉がついていくかな?


https://www.avail-home.co.jp/


春は桜 秋は菊 

11:23 0

マウントオービスクピンクという菊の花

隣家のお庭

お隣から、庭の菊のお花を頂きました。


マウントオービスクピンクという菊の花
マウントオービスクピンクという菊の花


陽当たりよく、お手入れもいいのでとても綺麗に咲いています。


マウントオービスクピンクという菊の花
マウントオービスクピンクという菊の花


これは、マウントオービスクピンクという菊だと思います。

可愛らしい菊です。優しい色ですね?

洋花もいいけどやっぱり日本人には菊は馴染みの花。


マウントオービスクピンクという菊の花
マウントオービスクピンクという菊の花


早速お部屋に飾りました。


マウントオービスクピンクという菊の花
マウントオービスクピンクという菊の花

春は桜、秋は菊


日本人が長く親しんできた花といえば、桜と菊かな?

春は桜、秋は菊。

仏花は、一番に思い浮かぶのが菊ですしね?

皇室の御紋章、国会議員のバッチも菊の花。

パスポート表紙にも菊の花のマーク。

食用菊なんていうのもあるし、菊人形なんていうのもある。

これは、古くから日本人が菊を愛でてきた証拠です。


皇室の菊花紋章
皇室の菊花紋章

広辞苑で「国花」とひくと、
 
こっ‐か【国花コククワ ①その国民に最も愛好され、その国の象徴とされる花。日本の桜または菊。
 
と記載されています。
 
マウントオービスクピンクという菊の花
マウントオービスクピンクという菊の花
 

菊の花を見ているとなぜか心落ち着き、清らかで穏やかな気持ちになれる気がします。

春は桜、秋は菊。



うろこ雲の空を眺めて

13:43 0

空を見上げると

巻積雲

今日はよく晴れていて、通勤途中の車の中から(信号待ちの時に)ふと空を見上げた。

半分が青空、半分が巻積雲。携帯で空をパチリ。

巻積雲は、うろこ雲、イワシ雲、さば雲、まだら雲などとも呼ばれます。


うろこ雲
うろこ雲


秋雲は砂の如く

俳人正岡子規は、雑誌「ホトトギス」の中で、

「春雲はわたの如く、夏雲は岩の如く、秋雲は砂の如く、冬雲は鉛の如く」

と書いたそうです。

すごいですね!   

正岡子規さんの豊かな感受性、表現力に感動!

たしかに、砂丘に風が吹いたあとに表面にできた風紋のように見えます。

この続きがさらにいい!「朝雲が流るるが如く、午雲は湧くが如く、暮雲は焼くが如し」

雲の魅力

当たり前ですが、いつでもどこでも、都会でも田舎でも、空や雲はあります。

けれど、同じ空、雲は二度と出来ません。

そして雲は刻々と変化します。

それが雲の魅力。

忙しくても、たまには空を眺めよう!

美しい空を眺め、今日も頑張ろう!ファイト!

https://www.avail-home.co.jp/

背高泡立草 黄色い花に元気をもらう

10:53 0

セイタカアワダチソウ(背高泡立草)

背高のっぽで泡ぶくぶく

駐車場に咲いている花、、セイタカアワダチソウ(背高泡立草)。

セイタカアワダチソウ(背高泡立草)
セイタカアワダチソウ(背高泡立草)

変な名前だよね? 泡ぶくぶくを連想して。。。

でも確かに背高のっぽ、1m以上あります。

この草、よほど繁殖力があると見えて、よく公園に大群生しています。


セイタカアワダチソウ(背高泡立草)
セイタカアワダチソウ(背高泡立草)

でも今日、ふと見たら、なかなか綺麗だと思えて、思わずカメラを向けました。

黄色


黄色い花って、大好きです。

黄色い花はといえば、向日葵やタンポポが思い浮かぶけど、いずれも太陽の光と重なるイメージ。

向日葵を描き続けたゴッホは、黄色が好きすぎて、自分の家の外観も黄色くしたと聞きます。

セイタカアワダチソウ(背高泡立草)
セイタカアワダチソウ(背高泡立草)
黄色は、無邪気で、活動的で、明るくて、人に元気を与える色だと思う。


燦燦と降り注ぐ太陽の元で見る、黄色い花はまぶしいほどきれいです。

ミツバチも好きそうです。

セイタカアワダチソウ(背高泡立草)とミツバチ
セイタカアワダチソウ(背高泡立草)とミツバチ

花瓶に差したら

セイタカアワダチソウ(背高泡立草)はきっと雑草なんでしょうけど、こうして花瓶に差すととっても綺麗!

何だか元気がもらえたような。。。

花瓶に差したセイタカアワダチソウ(背高泡立草)
花瓶に差したセイタカアワダチソウ(背高泡立草)




とある住宅街のカエル像 カエルは帰る

13:20 0

住宅街のカエル像

門扉に

港北ニュータウンのとある住宅地。

門扉に乗ったカエルの石像を見て思わず車を停車。。

写真撮影。。。ごめんなさい。


カエルの石像
カエルの石像


5匹のカエルを背に乗せています。

結構大きな石像です。長さ巾40cm以上。

縁起物

カエルって縁起物なんだそうです。

カエルを祭った神社もありますよね。


カエルの石像
カエルの石像

語呂合わせ

カエルは、ムカエル、無事カエル、お金がカエル、

初心にカエル、福カエル、若ガエル、ヨミガエル サカエル・・・などなど。

カエルコールなんていうのもあるね。

語呂合わせだけではなく、そもそもカエルは生まれた池に戻り産卵をする習性があるのだと聞きます。

自分の生まれた池を匂いで記憶しているらしいです。

まさしく、カエルは帰る。


今年も咲いたシュウメイギク そよそよゆらりゆらり

16:43 0

シュウメイギク(秋明菊)

歩道際のシュウメイギク

ようやく秋めいて参りました。

都筑区南山田町の歩道際にたくさん咲いたシュウメイギク(秋明菊)。


歩道際のシュウメイギク
歩道際のシュウメイギク

ピンクの優しい色です。

思わず車を停め、シャッターを押しました。

歩道際のシュウメイギク


シュウメイギクは、当然、名前どおり、菊だと思っていましたが、実はキンポウゲ科に属すようです。

花弁と思えるものは、実は額だそうです。

確かに花の裏に額はない。

花弁は退化してないのだそうです。

シュウメイギク
シュウメイギクの額はない

真ん中の緑色が雌しべです。

それを囲むように、橙に近い黄色の雄しべが密集しています。

シュウメイギクの雄しべ雌しべ
シュウメイギクの雄しべ雌しべ

都筑民家園のシュウメイギク

一方、都筑民家園のお庭でもシュウメイギクが、咲いていました。 

まぶしいほど白いシュウメイギクは楚々として上品ですね。


都筑民家園のシュウメイギク
都筑民家園のシュウメイギク



今年も咲いたシュウメイギク。

本当に美しいです。

茎を囲むように付く葉も可愛い。丸い蕾も可愛い!



都筑民家園のシュウメイギク
都筑民家園のシュウメイギク

そよそよ ゆらりゆらり

強い日差しは嫌いなようで、木漏れ日の中が好きだそうです。

秋風がそよそよ吹くと、ゆらりとゆらりと、心もとなげに揺れるシュウメイギクは、とっても綺麗です。


都筑民家園のシュウメイギク

この花弁のような額は、形が少々均一ではないところが好きです。

小さな子が描いたお花の絵のよう。。

そよそよ ゆらりゆらり。。


京創味庵の「丹波黒塩炒り豆」賢いおやつ!

18:13 0

賢いおやつ

気になる体重

ダイエットをしているわけではないけど、体重は誰もが気になりますよね?
食べるものを制限するって大変なこと!
何を食べても、食べすぎても太らない体が欲しいです。笑

そこで、罪悪感なく食べられるヘルシーなおやつを見つけましたよ。


丹波黒塩炒り豆


前にも紹介した京創味庵さんのお菓子、「丹波黒塩炒り豆」

丹波黒塩炒り豆
丹波黒塩炒り豆


裏の原材料名を見ると「黒大豆(国産)、塩、水あめ」

この頃原材料、見ちゃうんです。
うん!これは余計な添加物が入っていない!
水あめといっても照りをつけてるだけでしょう?甘くないです。
カロリー低そう。
ほんのり塩味で表面が甘い。食感カリポリ!

うーんこれは賢いおやつ!
丹波黒塩炒り豆
丹波黒塩炒り豆

割と何粒か食べると、食べた感が感じられます。
カリポリ噛むせいでしょうか?早食いも防げます

小さな袋なんでバッグに忍ばせればいつでも食べられるますね?

黒大豆の栄養

黒大豆は、たんぱく質、植物性脂肪・食物繊維・ミネラル・ビタミンがバランスよく含まれます。
ことに黒大豆は、イソフラボン・サポニン豊富で、コレステロールの蓄積を予防!

さらにダイエットの強い味方という感じ!



香雲堂の古印最中 百余年かけた味わい

19:44 0

香雲堂の古印最中

足利の銘菓

管理物件のご入居者さんから、ご実家に帰ったお土産に最中を頂きました。

香雲堂の古印最中。


香雲堂の古印最中
香雲堂の古印最中


足利を代表する銘菓のようです。

掌に載せるとずっしりした重み。


香雲堂の古印最中
香雲堂の古印最中

あいだみつおさんの詩


箱の中には「あいだみつお」さんの詩が書かれたしおりが入っています。

ひとつのことでも 
なかなか思うようにはならぬ
だからわたしはひとつのこと 
一生けんめい やっているのです 
            香雲堂主人

あいだみつおの詩


包装紙のデザインもあいあいだみつおさんのもののようです。

香雲堂の古印最中 
香雲堂の古印最中

見事に炊きあげられた餡


早速頂いてみると、
たっぷりの餡!
甘さがちょうどよく 餡が柔らか 餡がつやつや粒あん
あんこ好きにはたまらない美味しさ!
見事に炊きあげられた餡!って感じです。

最中の皮もふんわりしつつ、しっかり厚みがあります

百余年年かけた味わい

あいだみつおさんの詩が、香雲堂さんの店主さんの言葉を見事に代弁しています。
もう百余年続くお店のようですから、きっと何代かの店主さんが、餡一筋、同じ心意気で引継ぎ引継ぎやってこられた最中づくりなんでしょうね?
百余年年かけた味わいなんですね。


裏の内容表示をみても添加物無し。

ちなみに最中の皮ってお餅で出来ていること、私、初めて知りました。





小豆島の生うどん、素うどんが好き

16:45 0

素うどん

想い出

私は、小さいころからなぜか、「そば」より「うどん」派。

それも素うどんが好き💙

こんなことを覚えています。

私の母は10人兄弟だったため親せきが集まるとすごい人数で、従妹もいっぱい。

よく出前を頼んだりした。

「何でも頼んでいいぞ!」と叔父が声かけると、みんな口々に好きなものを注文。

「天ざる‼」「天ぷらうどん」「やまかけうどん」「かつ丼‼」・・・

私だけは「かけうどん~‼」と。笑

その都度、叔父さんが目が点になっていた記憶。

小豆島の生うどん
小豆島の生うどん

小豆島の生うどん


小豆島の生うどんを頂きました。

そう、昔からうどん好きな私は、むしろ何も入っていない素うどんが好きだった。

おいしいうどんの食感、のど越し。

しんなり柔らかでありながら、「こし」が感じられる麺。

単に固めとは違う。もっちりした弾力。

16分ゆでて

頂いた生うどん、16分も茹でます。茹でながら待ち遠しく!!

小豆島の生うどん
小豆島の生うどん


少し、表面がすき透き通った感じになり。麺は太く。。

めちゃ美味しい。

今日もねぎだけで頂きます。

小豆島の生うどん
小豆島の生うどん