ラベル その他スポット の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル その他スポット の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

東京都市大学の河津桜と警備員さん

19:54 0

生きとし生けるものが

春夏秋冬、季節のすばらしさはそれぞれですが、待ち遠しい季節と言えば「春」ですね?

人だけでなく、動物や、植物や、生きとし生けるもの全てが春を待っている気がします。

寒さに震える硬い蕾、身体を丸めて冬眠する動物たち・・

皆、春が近いことをちゃんと知っています。

東京都市大学の河津桜

桃色の

一足先に春の訪れを知らせてくれる、河津桜。

まだまだ、北風が冷たい季節にふわっと周囲を桃色にしてくれているようで、私は好きです。

オオシマザクラ とカンヒザクラ の自然交雑種らしいです。

ソメイヨシノの淡いピンクに比べると、濃いピンク、桃色です。


東京都市大学の河津桜
東京都市大学の河津桜

桜の木の下では皆優しい

今日は、横浜市営地下鉄中川駅近くの「東京都市大学」の横を車で通り抜けるとき、あまりに河津桜が美しいので、思わず車を停め、写真を撮りました。

私が大学の門の前につっこむように車を停めていたら、警備員さんが飛んできて・・・・汗💦

怒られちゃうのかと思ったその時、私が河津桜に見とれているのが分かった警備員さんは「あぁ・・河津桜ですね?」と言って笑顔で去って行きました。

桜の木の下では、皆優しい。。。そんな風に感じました。

東京都市大学の河津桜
東京都市大学の河津桜







桃色の河津桜を眺めていると、気持ちが穏やかになります。

桜の木の下で、空を見上げると、視界一面桃色です。

桜の木はゆったりと人を包み込み、優しく癒してくれます。
東京都市大学の河津桜
東京都市大学の河津桜

https://www.avail-home.co.jp/

都筑民家園に春の訪れ 菜の花さんと呼ばれた記憶

11:01 0

都筑民家園に春の訪れ  菜の花と呼ばれた記憶

都筑民家園に春の訪れ

都筑民家園のお庭に菜の花が咲いていました。

菜の花の黄色は冬景色を一変させてしまう色ですね。

菜の花の黄色は、厳しい寒さをふわっと忘れさせ、春の訪れを告げる。


都筑民家園の菜の花
都筑民家園の菜の花

黄色い花はたくさんあり、夏の向日葵も黄色の美しい花です。

向日葵の太陽に負けないくらいの強い黄色とは違って、菜の花の黄色は春の陽ざしに溶け込むような優しい色です。

菜の花さん?

遥か昔、高校生の頃、クラスメイトと「お花に例えたら何の花?遊び」をしていたら、私は「菜の花さん」と呼ばれた記憶がよみがえった。

さらに小さなころ、家には(自給自足のための)畑があって、菜の花は私にとって「菜っ葉の花」だった。
「菜っ葉の花」より「薔薇」や「百合」と呼ばれたいと感じた思い出。笑

友人たちはどういう視点で私を菜の花と呼んだのか、今となっては知るすべもないが。。。

都筑民家園の菜の花
都筑民家園の菜の花

そんな人になりたい

でも今なら率直に嬉しく受け止められるかもしれない。

菜の花のイメージは、華やかではないけど、暗くはない。冷たくもない。

明るいし温かいし優しい花だもの・・・。

今なら、私は「ほんのり温かく優しく包み込むような、麗らかな春の陽ざしのような、菜の花のような、そんな人になりたい」って言える。

https://www.avail-home.co.jp/


都筑民家園ひな祭り 明治から平成へ時代の変遷

21:29 0

都筑民家園のお雛様

時代の変遷

都筑民家園の圧巻な吊るし雛をご紹介したばかりですが、見どころは吊るし飾りだけではありません。

今、明治時代、大正時代、昭和時代、平成時代と、お雛様が飾られていてとても興味深いです。

ことに京都の老舗「丸平大木」で作られた明治時代の貴重なお雛様は是非ご覧いただきたい!

以前雑誌家庭画報でも紹介された逸品のようです。

時代を反映してお人形のお顔も変わるのですね。

平成のお雛様

 こちらは、平成のお雛様です。


都筑民家園ひな人形 平成のお雛様
都筑民家園ひな人形 平成のお雛様

十二単衣が見事に美しい
お顔もきれいですね。穏やかな表情です。
きらびやかな扇を持っています。

都筑民家園ひな人形 平成のお雛様
都筑民家園ひな人形 平成のお雛様

束帯衣装 烏帽子 のお内裏様 小さなお顔でイケメン。

都筑民家園ひな人形 平成のお雛様
都筑民家園ひな人形 平成のお雛様

昭和のお雛様



都筑民家園ひな人形 昭和のお雛様
都筑民家園ひな人形 昭和のお雛様

木目込み人形と書かれています。

お顔が丸くふっくらしているので幼顔に見えます。




大正のお雛様


二対並べられています。
東京を代表する人形師「永徳斎」のひな人形だそうです。


都筑民家園ひな人形 大正のお雛様
都筑民家園ひな人形 大正のお雛様

女雛の頭の冠,が豪華ですし、十二単は刺繍が施され重厚感があって美しく、忠実に表現されています。

切れ長の目とおちょぼ口。

お顔は、なんとも神々しい表情です。

都筑民家園ひな人形 大正のお雛様
都筑民家園ひな人形 大正のお雛様


都筑民家園ひな人形 大正のお雛様
都筑民家園ひな人形 大正のお雛様

明治のお雛様

都筑民家園ひな人形 明治のお雛様
都筑民家園ひな人形 明治のお雛様

一番奥に飾られていました。



こちらが、京都の老舗「丸平大木」の明治時代の貴重なお雛様です。


京都丸平大木人形店の「大木平蔵」が作ったひな人形は皇室や名家のご用達。

一般庶民には到底手の届くものではなかったようです。

言わば家の権勢を誇示するものといっても過言ではないと思います。


都筑民家園ひな人形 明治のお雛様


こちらは、お内裏様です。


飾られているお道具も小さいのに何もかもすべて丁寧に作られています。




後ろの金の襖まで丁寧に作られていて驚きます。

お顔は面長で上品です。

豪華な刺繍の施された衣装は必見です。


都筑民家園ひな人形 明治のお雛様
都筑民家園ひな人形 明治のお雛様



都筑民家園 



場所 大塚歳勝土遺跡公園内、都筑民家園

横浜市都筑区大棚西2

TEL 045-594-1723

(センター北駅より徒歩10分)






都筑民家園の「ひな祭りウィーク」圧巻!

15:43 0

 都筑民家園の「ひな祭りウィーク」

古民家だからこその

昨日、せせらぎ公園の「古民家のひな祭り」のご紹介をしました。
https://avail-home.blogspot.com/2019/02/hina-doll.html

今日は、都筑民家園(大塚歳勝土遺跡公園内)の「ひな祭りウィーク」のご紹介。

古民家だからこその素晴らしいイベントです。

2月19日(火曜)から3月3日(日曜)まで。
    10:00~16:30
   ※2月25日(月)は休館
※2月24日(日)は10:00~先着70名様で
煎茶カフェ(有料)も開催


都筑民家園の「ひな祭りウィーク」
都筑民家園の「ひな祭りウィーク」
地元有志の所有しているひな人形や吊るし雛が飾られています。

かなり貴重なひな人形もあるようです。雛人形のお話は改めて。。。

都筑民家園の「ひな祭りウィーク」吊るし雛
都筑民家園の「ひな祭りウィーク」吊るし雛

圧巻!

圧巻なのは、吊るし雛。

何千個もの縁起物が飾られ、見事の一言!

ご覧の通り、古民家がぱ~っと明るくなっています。


都筑民家園の「ひな祭りウィーク」吊るし雛
都筑民家園の「ひな祭りウィーク」吊るし雛

吊るし雛の由来

吊るし雛は、江戸時代に始まったと言われています。

江戸時代では、女の子が生まれると、厄を身代わりに受けてもらうものとして、ひな人形を飾る習慣がありましたが、とても高価で庶民には買えないものでした。

そこで、ひな人形の代わりに端切れや古くなった着物で、小さな人形を作り飾ったのが、「つるし雛」の始まりです。

和生地

和生地、着物の端切れにはとても綺麗な色や模様があるものがあります。

青海波や亀甲模様など伝統柄、また花をあしらった生地、ちりめん生地など、洋生地とは違った華やかさがあり、色の組み合わせも美しいです。


願いを込めて

一針一針、子或いは孫の健やかな成長を願って縫い上げられた雛人形や飾りです。

昔は、まず「衣食住に困らないこと。健康であること。災難に合わないこと。良い縁談に恵まれること。」などを願ったのだそうです。

人形、野菜、果物、動物、手毬、花など縁起物が多いです。

それら縁起物には、一つ一つに謂れがあるようです。

日本の伝統を感じます。

手作りですから、世界に一つ。

縫い手の持ち味が光る、吊るし雛。

もし私だったら、この小さな一個を作るのに何日かかるんでしょう?


都筑民家園の「ひな祭りウィーク」吊るし雛
都筑民家園の「ひな祭りウィーク」吊るし雛

モビールのよう

風に揺れ、まるで和風モビールのようです。

小さな小鳥、小さな草履、色合いの美しい手毬など・・・それらがゆらゆら、くるりと風に揺れます。

なぜか癒されます。

都筑民家園の「ひな祭りウィーク」吊るし雛
都筑民家園の「ひな祭りウィーク」吊るし雛

引戸の枠に吊るされた小さな細工物もかわいい。。



都筑民家園の「ひな祭りウィーク」吊るし雛
都筑民家園の「ひな祭りウィーク」吊るし雛


 

 

https://www.avail-home.co.jp/

せせらぎ公園古民家のひな祭り ゆらゆら

22:39 0

せせらぎ公園古民家のひな祭り

せせらぎ公園の古民家

「せせらぎ公園」は、横浜市営地下鉄仲町台駅の北方にあり、地元の人には愛されている公園です。

池のほとりには「古民家」があります。



おそらく200~300年前(江戸時代中期~後期)に建てられたと思われる、旧内野家の住宅が移築保存されているのだそうです。

逆さ古民家??

せせらぎの池を挟んで見る古民家は、その姿が池に映り、逆さ富士ならぬ逆さ古民家が楽しめます。

季節によって若葉を背景にしたり、紅葉だったり、季節によって変化が楽しめ、とても風情があります。

せせらぎ公園の古民家
せせらぎ公園の古民家

ひな祭りイベント

その古民家では、今、「ひな祭り」のイベントが開催されています。

今はご覧の通り、ひな祭りの古民家が池を挟んで見ることができます。

せせらぎ公園古民家のひな祭り
せせらぎ公園古民家のひな祭り

古民家の風情を背景に

「吊るし雛」「段飾り」が所狭しと飾られています。

古民家の風情を背景に飾られる雛人形の数々は、華やかで壮観で圧倒されます。



せせらぎ公園古民家のひな祭り
せせらぎ公園古民家のひな祭り


地元の人、多くの人の協力によるものなのではないでしょうか?

地元の民家の蔵に眠っていた古い大切な雛人形かもしれません。


せせらぎ公園古民家のひな祭り
せせらぎ公園古民家のひな祭り

無病息災良縁を祈って

ひな祭りは女の子の健やかな成長を願う行事です。

ひな人形が、身代わりとなり、子どもの病気や事故などの災厄から子どもを守ってくれるものとされています。

それぞれのひな人形は、はるか昔、親が娘の無病息災良縁を祈り贈ったひな人形なのでしょう。

せせらぎ公園古民家のひな祭り
せせらぎ公園古民家のひな祭り


吊るし雛が時折風に揺れ、ゆらゆら。
 
赤や黄、水色の色が揺れます。
 
一つ作るのも大変だと思います。
 
縁起物をかたどり、1針1針願いを込めて。
せせらぎ公園古民家のひな祭り
せせらぎ公園古民家のひな祭り




せせらぎ公園古民家のひな祭り
せせらぎ公園古民家のひな祭り

 


https://www.avail-home.co.jp/