センター南「心行寺」で紅葉狩り

10:48 0

ここは都筑区の「センター南駅」にほど近い心行寺。

春は桜が美しく、秋は紅葉が美しい



美しく紅葉するには、天気や朝晩の寒暖差などが大きな要素のようです。

紅葉は世界中で見られるのかと思ったら、見られる国は、世界中でごく一部なんだそうです。

日本の紅葉は海外に比べ樹木の種類も多いそうです。
 
ことに凛とした日本家屋の造形美と紅葉のおりなす美しさ。


 
地球温暖化が進み異常気象も多く見られた今年の夏ですが、こういった異常気象が続くと、紅葉の美しさが損なわれてしまうことはあるのでしょうか?



世界中でも日本の紅葉は稀と言っていいくらいの美しさで、外国からも高い評価を得ているようです。
 
 
ハラッと落ちたもみじの葉、ハッとする美しさです。
 
 花見も良いですが、紅葉狩り(もみじがり)も良いですね?

どうして紅葉を「見る」のに「狩り」なんでしょう?

「美しいものを愛し、自分の脳裏に留める。」・・・わが物にしてしまうという感性からきた言葉でしょうか?

日本語の奥深さを感じます。


 

 

ドイツクリスマスマーケット in 都筑 2018 開催中

12:41 0
恒例の都筑区の冬の風物詩ともなった「ドイツクリスマスマーケット in 都筑 2018」が今日から開催されています。

今年で7回目を迎えるそうです!

    
会場 :センター北駅前 芝生広場(横浜市営地下鉄 センター北駅)
 
  日時 :平成3012月8日(土)10:0020:00 
        平成3012月9日(日)10:0019:00




開店数分前、みんな準備におおわらわ!


まだ美味しい匂いはしてきませんが、ここではソーセージを焼く準備をしています。


芝生広場にヒュッテは設営されます。

クリスマス雑貨も売られています。


会場を盛る上げるステージの数々。。。この雰囲気で飲むドイツビールは美味しそう!
 
シュトーレンなど、ドイツ風クリスマス料理を楽しめます。
 



この週末、是非ともご家族、またはカップル、お友達と足を運んでみてはいかがでしょう?



 

メルカートきた ブロッコリーのクリスマスツリー「小さな幸せ」

12:20 0
ブロッコリーが大好きです。

ブロッコリーはご存知の通り蕾です。

花言葉はなんと「小さな幸せ」なんだそう。

ビタミンはレモン以上、たんぱく質、鉄分、マグネシウムなど栄養たっぷり。

あの緑の蕾の中にギュギュっと、幸せいっぱいのように、栄養が詰まっているわけです。

ことに、メルカートきたのブロッコリーは、新鮮で、驚くほど大きい。

どうです?直径20cm近くありそうなブロッコリーが180円(税別)


さっと茹でるとさらに緑が際立ちます。

やっぱり茹でたてを、マヨネーズでシンプルに頂くのが一番好きです。

マヨネーズとの相性が抜群! マヨネーズ炒めも美味しいです。



クリスマスも近いのでブロッコリーのツリーを作りました。

プチトマトや、星型茹でニンジンも飾って。

花言葉どおり「小さな幸せ」

中はポテトサラダですから、崩しつつ味わうのも楽しいです。

パーティにもいいかもしれない。







メルカートきたの紅くるり 珍しい野菜にワクワク

18:30 0

大好きなメルカートきたで、見つけた赤い大根。紅くるり。
 
赤い大根は見たことありますが、こんなに中まで赤いのは、紅くるりだけではないかしら。
 



「紅くるり」という名も可愛らしい!
 
まるでぱっと見、さつま芋みたいですね?
 
重量も1㎏ぐらいあります。
 
 
 
この赤い色は赤ワインやブルーベリーなどのポリフェノール(アントシアニン)によるものらしいです。
 
まさに美容にいい大根ですね?
 
刺身のツマのように細く切ってサラダにしてみました。
 
ブロッコリーも添えて、緑と赤が綺麗でしょ?
 
肉質が柔らかくシャキシャキした食感がいい感じ!

レタスの千切りを食べているような食感。(私の表現変でしょうか?)

 
 
薄切りにして甘酢につけてみたら、更に綺麗な色合いになって、美味しかったです。

あまりに綺麗な紅色なので、バラの花をかたどって盛り付けてみました。

マリネにしたり、即席漬けにしても良いかもしれません。
 

 
初めての野菜を見つけたとき、メルカートきたのスタッフさんや、生産者さんに聞くと丁寧に調理法など教えてくださいます。
 
珍しい野菜で食卓に彩りを添えます。

初めての野菜を調理するときのワクワク感といったら。。。

何歳になっても、初めて出会うものってあるんですよね?

小さなことかもしれませんが、こんなワクワクが私の日々の楽しさです。
 


山崎公園の山茶花 寒気に耐えて

18:31 0
中川にある山崎公園にて。

山茶花の花が見頃です。


冬には公園一帯が枯葉色になりますが、山茶花の赤い花、緑の葉を見ると、何だか嬉しくなります。

さざんか さざんか 咲いた道♪
たき火だ たき火だ 落ち葉たき♪

山茶花といえば、童謡「たきび」。

たき火が出来なくなった今日この頃ですが、やっぱり、♪北風ぴいぷう♬ 山茶花には、冷たい張り詰めた空気が良く似合う、寒い時期の代表花です。



寒さに強そうな花なのに、実は寒気にさらされると花弁がすぐ傷みます。

こうしてカメラを向けると、本当に傷んでいない花弁の山茶花は少ない。

山茶花だって、寒気に耐え、頑張って咲いているんだね!

みつけた!綺麗な山茶花!





山崎公園のコサギと公園を守る人

14:25 0
山崎公園は横浜市営地下鉄中川駅のほど近い公園です。

池のあって釣りのできる公園で、ヘラブナやタナゴが釣れるそうです。

いつも釣りを楽しむ人の姿を見ることができ、ゆったりした時間が流れ、癒された心地になります。

この公園にはよくカルガモをはじめコサギやアオサギ、カワセミがいたりします。

今日もコサギが水面の辺りをのびのび飛んでいます。

水辺のある公園は良いですね?



ここで釣りをなさっているおじさんたちは、
釣っても必ずちゃんと池に帰す「キャッチ・アンド・リリース」を実行しています。

1年に1度は、購入して来た魚を池に放ったりもなさるそうです。

週に一度は公園の掃除をしたり、公園の守り主で、素晴らしいマナーを実行している方々ばかりです。
  


今日も落ちている缶を回収しながら、私に「いい写真が撮れた?」と声をかけてくださいました。

こういう公園を愛する人たちは公園にとって、そして都筑区の街づくりにとって、大きな功労者だと思います。
このコサギに対しても、驚かせず、極力自然のままに共存するかのように、釣りを続けています。


そう。。。私たちは自然の中で植物や動物と共存しているわけですから、花や樹木、虫や魚、できる限り自然環境を傷付けず大切にしたいものです。

ごみは持ち帰るなど、一人一人が小さな心がけを持てば、それが大きな環境保護につながると思います。

缶を拾うおじさんをみて、そんなことを考えました。




大原みねみち公園のシジュウカラ サラリーマンみたい

16:14 0
都筑区のちょうど真ん中あたりを東西に横たわるようにある「大原みねみち公園」。

細長い公園で、川のように細長い池があります。



池の北側は雑木林で尾根道が長く続く。

小鳥の声がして、お散歩しているととても心地良く大好きな公園です。

やはり、池のある公園は良いですね? 水辺の風景というものは良いものです。

今朝も通勤途中立ち寄りました。

この公園には、カルガモをはじめ、コサギや、カワセミも見かけたことがあります。

見上げるとそろそろ紅葉も美しく色づいています。


すぐ近くの木にシジュウカラが鳴いています。「ツッピー、ツイッピー!」


若い鳥でしょうか?つぶらな瞳が可愛いですね。


まるでダークスーツにネクタイをしているサラリーマンみたいですね。↑

胸の黒い線がネクタイに見えます。


シジュウカラは留鳥だそうです。



 

徳生公園のキンクロハジロ ヨーラン背負って リーゼント♬

17:03 0
都筑区のセンター北駅にほど近い徳生公園。

こちらには、冬の時期、金黒羽白(キンクロハジロ)という鴨がいます。

都筑区内の他の公園では見かけない鴨で、カルガモより小ぶりです。



徳生公園の居心地がいいのですね?

毎年、秋のこの時期に、シベリアやヨーロッパ北部から越冬のためやって来る冬鳥です。(カモ目カモ科ハジロ属)
本来海鴨らしいのですが、池や川でも生息しているようです。

冬鳥が来ると、ああ冬だなァと感じます。


後頭部の羽毛(冠羽)が寝ぐせのようにも、ちょんまげにも見え、キュートです。

オールバックで、ちょい悪、つっぱりお兄さんの雰囲気です。(笑)

きょうも元気に ♬ドカンを決めたら♪
ヨーラン背負って♬  リーゼント♪
 ツッパリハイスクールロックンロ~ル♪



羽毛が黒とお腹が白なのがオス、なんとなく茶系なのがメスだと聞きます。

おすはちょんまげがはっきりしています。これは明らかオス。☝


白目にあたる部分が黄色?金色?で、大きなギョロメだったら怖いですが、小さな目なので可愛いと思います。

キンクロハジロは潜るのが得意なようです。


時折、ジャポンとダイビングし、10~20秒後、とんでもない先から出てきます。

浮いてくる場所を予想できません???


潜って水の中の魚などを食べるのだそうです。

メルカートきたの大根で甘酢漬け 先人の知恵と原点

11:54 0
メルカートきたの葉付大根・・・とっても新鮮そう。。




・・・なので、甘酢漬けにしてみました。

薄くスライスして、砂糖、塩、酢を適当に合わせ、しばらく置くだけで、美味しい甘酢漬けの出来上がり。


干す 燻す 漬ける 発酵させる・・・保存する方法はたくさんあります。

まさに先人の知恵の賜物です。

冷蔵庫もレトルトも何もない時代、先人たちは、知恵をしぼり、繰り返し試みて、保存方法を作り上げてきたのですね?

先人たちが作り上げた、自然の摂理に基づいた保存方法を学び、原点に帰り、食生活のあり方を考えていきたいものです。

ポンパドウルの雑穀ロールと健康志向

14:26 0
センター北会いたい2階のポンパドウルはよく覗くパン屋さん。

今日は、雑穀ロールを買ってみました。

玄米、ライ麦、ハト麦、亜麻仁、ひまわりの種子、オーツフレークの7種類の雑穀を入れて焼いたパンです。

小ぶりで、ヘルシーで、朝食にぴったり。


雑穀ロールの生地はもっちりしていて、クセもなく食べやすいです。
 

かみしめるたびに生地の中の雑穀のプチプチした食感が感じられます。

雑穀にはビタミンやミネラルが豊富に含まれているようですから、嬉しいですね





江戸時代、意気でいなせな江戸っ子たちは白米を食べることが自慢でもあり、一日5合も食べていたらしく、ビタミン不足で脚気になる人が多かったようです。

江戸を離れて、雑穀、玄米、麦などの質素な食生活に変わると、不思議にも脚気が治ったとか。

現在、健康志向の高まりとともに、注目されつつある雑穀。

私も、雑穀を食生活にナチュラルに取り入れていきたいと、雑穀ロールを食べつつ考えました。

ひげのパン屋の「美瑛の塩バターあんぱん」キューブ状のかわいいパン

17:41 0
センター北のひげのパン屋さんは、北海道美瑛産の小麦によって作られた小麦粉を使っているようです。
 
美瑛では良質な小麦がとれるようです。
 
「香麦」という小麦粉だそうです。
 
以前、美瑛に行ったことがあります。
 
花畑がきれいでした。
 
 
久しぶりのひげのパン屋さん。
 
テラス席が大きく拡大し、いい雰囲気です。
 
今日のお買い物は「美瑛の塩バターあんぱん」¥180
 
思わず買ってしまったのは、ころんとした小さな立方体のこのフォルムの可愛らしさ。
トップにはゴマいっぱい。キューブ状のあんぱんです。
 
食べた瞬間、ほんのり塩味とバターのコク、餡の甘みが互いの存在を引き立てています。
小さいけど、濃厚なあんぱんです。
 

贅沢な粗食を目指す!「酒と米うちの」の低農薬・自然乾燥玄米 

16:28 0
先日も書きましたが、玄米食を続けています。
 
玄米は言うまでもないですが、お米のもみ殻だけを取り除いた、糠(ぬか)付、胚芽(はいが)付のお米です。
 

なので白米よりよく噛まないといけませんが食物繊維がいっぱいで、便秘もしなくなりました。
 
ビタミンB1 ビタミンE ミネラル豊富です。
 
素敵なお米屋さん「酒と米うちの」さんを見つけることができて良かったです。
 
今回は、無農薬低農薬そして天日干しのお米という要望で勧めていただいたのがこれ!
 
「つがるロマン」 低農薬栽培 自然乾燥。
 
青森のお米でこしひかりの孫だそうです。
 
 
おまけにりんごまで頂きました。
 
この農家さんのリンゴのようです。つがるリンゴですね?
 
産地とつながっているかのようで、うれしいです。
 
全部ではないですが、実際仕入れにあたって農家さんまで足を運ぶこともあるそうです。

 

 袋は昔ながらの紙袋に入れられて、これもスーパーとは違い新鮮ですね?
 


お米は普通、昔のように天日で干しているものは希少なようです。

強力な石油バーナーで急激乾燥させるものが多いそうです。

このお米は「稲架(はざ)かけ」といって、稲架というものに稲の束をかけ、ゆっくり天日で干すそうです。


玄米を炊く前に1~2日水につけて発芽させていますが、スーパーの玄米は何日経っても発芽しませんでした。

つまり生きていないお米なんだなと痛感。
 
ちゃんと選ばなくてはと思いました。
 
炊く前に浸水、発芽させ、圧力鍋で炊き、3-4日ジャーで寝かせ熟成させつつ食べます。
 
もちろん外食では、ラーメンだって白米だって頂きますが。


今朝はメルカートきたで買った「葉付大根」の葉で、玄米の菜飯を作りました。
 
写真は白米みたいに見えますが玄米です。
 
大根葉の食感と、玄米の食感が楽しいです。
 
 
卵 玄米は完全栄養食なんだそう。。。(完全栄養食にはいろいろ定義があるようですが)これらは完全栄養食に最も近い食材だそうです。
 
玄米ご飯に、具沢山お味噌汁。。。贅沢な粗食を目指します。