駐車場のあざみの花 山には山の・・海には海の・・

9:42
管理しているマンションの駐車場の入口にアザミが生えて花を咲かせています。

お花はとっても綺麗なんですが、葉っぱも茎も痛くて触れない。

バラの花には棘があると言いますが、バラの比ではない。

抜こうとすると負傷します!


手のひら部分がゴムになっている手袋でさえも突き破って指を刺す。

でもお花は綺麗です。



古い歌にこんなのがあります。

山には山の愁い有り  海には海の悲しみや 

まして心の花園に咲きしアザミの花ならば


なんて心に響く歌詞なんでしょう。

山の高さ 海の深さ、誰もが持つ、生きる上での深い悲しみを感じ、 

日本人の郷愁をそそる歌、琴線に触れる歌。


これほどまでに痛いトゲ、自分を守る盾ですね?

「近づかないで」「触れないで」の花の主張です。


Related Posts

Previous
Next Post »