正覚寺の紫陽花に想うこと 花菖蒲に想うこと

16:18
都筑区茅ヶ崎東にある天台宗の寺院、正覚寺は花の寺としても有名です。



四季折々の花が楽しめますが、今、紫陽花と花菖蒲が見頃を迎えています。




紫陽花は紫、白、水色、桃色。


中には同じ株から、水色や白の花が咲いていたりします。

土壌のPHと成長過程によって、花の色が変化していくのですね?

この七変化のお陰で、花言葉も「移り気」になっていたりして・・・ちょっと可愛そう。



私には、どんな土壌にも、自身を変化させながら、美しく咲き誇る素敵な花に思えます。

環境に逆らわずに、身をおいて、自身を適応していく。。。素敵な花。



それに小さなお花が寄り添うように咲く紫陽花は、なんだか花言葉を「仲良し」にしてあげたいなと思います。





泉鏡花の歌を思い出しながら歩きます。。。



「我が恋は 人とる沼の 花菖蒲」

があります。




綺麗な歌ですが、激しいものを感じます。



人とる沼、泥沼の恋。なさぬ恋だったのでしょう。

今も昔も色々恋は大変、命がけです。笑

Related Posts

Previous
Next Post »