ベニバナトチノキの若葉と蕾

20:10
センター北駅付近の街路樹「ベニバナトチノキ」が若葉を出し、小さな蕾を付けています。



5月には綺麗な花を咲かせるでしょう。



イギリスでは、トチノキの花が咲く頃を、チェストナッツ(栗)サンデーと呼ぶようです。

フランスパリ、シャンゼリゼ通りのマロニエは、西洋トチノキといわれます。

イギリスでもフランスでも、愛されていますね、トチノキの花。

ご覧のように、葉脈がはっきりしていて、変わった葉っぱ。

指の長いおじいちゃんの手を思い出してしまうのは、私だけ?


お花はとんがり帽子のような円錐形で、満開になると、とても綺麗です。

名前の通り、まさしくベニバナ、きれいな色の花です。




Related Posts

Previous
Next Post »