しゃぼんだま公園のボケの花とヒヨドリ

12:04
都筑区北山田のしゃぼんだま公園、可愛い名前の公園です。

その片隅の生垣に、ボケの花が咲きました。


ボケという響きは、あまりよくないですが、

五枚の花びらがくるりと丸まっていて、小さくて可愛い花です。


花とはうらはら、ボケの枝はごっつく頑丈です。

このギャップが面白い。

夏目漱石の句に
「木瓜咲くや 漱石拙を守るべく」というのがあります。

「拙を守る」・・・今の時代、こういう言葉はあまり聞かなくなりました。

不器用ながら愚直に生きる。木瓜のゴツゴツした枝のように。

なんだか、頑固に実直に生きた、亡き父を想い出してしまいました。



花をながめていると、ヒヨドリが、ボケの花の蜜を吸いにやってきました。

春が近いよと教えてくれているようです。






Related Posts

Previous
Next Post »