デキャンタ。ワインを開かせる・・・

12:07
ワインのガラスボトルを革で包んだイタリア製デキャンタです。

ワインは、熟成し飲み頃になってワインを抜栓しても、さらに時間をおき、ワインを開かせる必要があるのだそうです。
そのための容器が、デキャンタ。


 
ワインにみならず、日本酒だって、時間経過で開いてゆくのだそうです。

この、熟成度合いで、「開く」「閉じる」という表現、お酒は繊細な生きものって感じがしますね?


このデキャンタ、ずっと、前から我が家にあって。



亡母が油絵のモチーフとして、どこからか入手したのだと思います。
船の絵が描かれています。


キャップ部分には古い世界地図が張ってあり、いい雰囲気を醸し出しています。

イタリア人が、情熱的に陽気にお酒を飲むシーンが目に浮かんできます。
好きなお酒をつめ替えて、ボトルを横に飲めば、楽しいひと時が過ごせそうです。
 

Related Posts

Previous
Next Post »