センター北「ヨツバコ」の「大きなオリーブの木」はすごい!

11:19

センター北ヨツバコの敷地に大きなオリーブの木があります。
ちょうど1階のパン屋さん「ベッカライ徳多朗」のテラスにあります。


 太い樹の周りには、ご覧のように丸く木のベンチが施されてあります。
 
この木陰でゆっくりお茶を飲み、ベッカライ徳多朗さんの美味しいパンが味わえたら、きっと幸せ気分になるでしょう!
 
今日も朝から何人かの方が、店内ではなく外で朝食を召し上がりながら、素敵な休日を過ごしていらっしゃいます。 




これはスペインからはるばる運んできたそうで、ヨツバコのシンボルツリーという感じでとても存在感があります。

樹齢600年だそうで、日本でいえば、室町時代ということになります。すごい!
何気に見過ごしていましたが、これはすごい!
オリーブの木は生命の樹と呼ばれるそうで、とても寿命の長い樹なんだそうです。
これからもここで長くセンター北を見守ってくれるといいですね
 
 
鳥の巣箱も設置してあり、きっと小鳥がやってくるに違いありません。
 

そして、このオリーブの木を見ていると、深い表情、風合い…いいえ風格、威厳を感じます。



オリーブの葉は優しいですね。  

この葉っぱを見てたら、なんだか無性に小さなオリーブの植木が欲しくなった。
リビングに置きたいなぁ~!
 

 


昔から、オリーブといえば、ノアの箱船とオリーブの木の伝説により、平和の象徴。

国連のマークにも使われています。


 
 
 

Related Posts

Previous
Next Post »