洋のなかに「和」をほんの少し取り入れた素敵なマンション

13:08

和室が少なくなってきたことも有り、今はすっかり障子が少なくなりましたね。
ある管理物件のオーナー様に、障子の素晴らしさを伺いました。

障子に使われる、和紙の繊維というのは、とても優れていて、様々な機能を生み出しているのだそうです。
太陽光のまぶしさを取り除きながら、部屋全体を程よく明るくし、熱を遮り、湿度を程よく調節してくれます。
それに障子は美しい・・・もともとの障子の棧の1つ1つの縦横の比率は、1:2であることをご存知でしょうか。これはちょうどB判の紙煙草の箱やはがき・名刺の比率と同じ。
話は飛びますが、映画「マトリックス」の中で、確か、ネオとモーフィアスがカンフーで戦うシーンは周囲の障子の格子がとても美しく、記憶に残る映像でした。



ドアは前に引くために、スペースをあけなくてならない。
引戸が見直されている今、障子はとても魅力的な建具ですね。
そんなわけで、今日は障子を上手く取り入れた物件のご紹介。
 
 

間仕切りにも障子の引き戸を使っています。↓  なかなかいいね。古臭くない!

中部屋に程よい光を取り入れることができて、効果的です。
 


 この物件1994年築ですが、とても重厚な雰囲気を持つマンションです。
 
時を経ても決して色褪せない上質な建物だなと感じます。
 
上質な住まいは心地よいやすらぎをもたらしてくれます


オートロックもついてセキュリティも充実!

 
 
キッチンは独立キッチン・・・かなりゆったり大き目なシステムキッチンが入っています。
 
お料理好きには魅力です。
 
 
2DKといっても55.59㎡ありますからゆったり。 
収納もたっぷり。。。

 
 

   

横浜市営地下鉄ブルーライン中川駅徒歩2分という好立地。

センター北駅へも歩けます

 

今日は洋のなかに「和」をほんの少し取り入れた素敵なマンションをご紹介しました!
 

 

93,000

共益費

10,000

礼金 / 敷金

0ヵ月 / 2ヵ月

 

マンション

間取り

2DK

 

55.2

 

RC

築年月

19943

駐車場

有り 18360/


 
 

Related Posts

Previous
Next Post »