珍しい!ベトナムのコーヒーを飲んでみた!

13:32
物件をお預かりしているオーナーさんが、ベトナム旅行をなさいました。

それで、珍しいお土産。

コーヒー豆。



知られていませんが、ベトナムはブラジルに次ぐ世界第2位のコーヒー生産なんだそうです。

ベトナムで生産されている珈琲豆は、主にロブスタという種類で、日本でもインスタントコーヒーや、缶コーヒーによく使われるようです。



カフェイン量も多いようです。



ちなみにベトナムには独自のコーヒー文化がちょっと異なり、特有の焙煎・抽出方法で、コンデンスミルク(練乳)と合わせて頂くとか・・・。

ちょっとそれはいやだな・・・。

袋の帯を外して開いてみました。ベトナムの雰囲気が感じられるイラストです。



驚くことに飲み方の説明まで、日本語入りです。



早速飲んでみることに・・・。

ちょっと香ばしいを通り越した(?)苦みがあるけど、飲みにくくはない。 





WEBで調べてみたら、コーヒーには、ロブスタ種とアラビカ種があって、香りや味に優れた「アラビカ種」に「ロブスタ種」を加えることによって、旨みが増すようです。

ロブスタ種は単独では使われないのですが、ブレンドコーヒーにはなくてはならない存在のようです。
つまり、ロブスタ種はアラビカ種とブレンドされることで旨みとコクがぐっと増す、隠し味みたいなものなんでしょうか。

頂いた豆はRUNAMというブランドで、Arabika&Robusutaと書かれていますので、ブレンドですが、ロブスタ種を前面に押し出したようなコクがあります。
 


 

Related Posts

Previous
Next Post »