「イルミネーション」と「月光」

23:03

「永井荷風」という作家の名前は誰でも知っていると思います。

永井荷風が書いた日記「日和下駄」について。

大正の作品なので少し敬遠しちゃいそうですが、これが読んでみると味わい深い。

永井荷風がこうもり傘を持って、下駄をカラコロ鳴らしながら東京下町を散歩しています。

荷風は、普通の場所に素敵な風景を発見しては「無用な感慨」に浸ることが、何よりも嬉しいと言っています。




そんな散歩の楽しさを語った散歩論・地域を愛す気持ちに、心から共感を覚えます。



そのなかで

当世人の趣味は  大抵日比谷公園の老樹に

電気燈を点じて  奇麗奇麗と叫ぶ 類 のもので、

清夜に月光を賞し、 春風に梅花を愛するが如く、

風土固有の 自然美を 敬愛する 風雅の習慣

今は 全く 地を払ってしまった。

という一節がある。

「今どきの人は老木に電気をつけて綺麗だといってるが、
自然の美を愛する習慣なんてなくなってしまったなぁ」
 
クリスマスも近づき、街路樹にイルミネーションがきれいな時期ですが サンタ

イルミネーションに「きれい!」と感嘆する声にも共感しつつ、

清夜に月光を愛でること、自然美を敬愛すること」…そんなことも忘れずにいたいな。。
 

私も都筑区お散歩をこよなく愛し、

太陽普通の景色の中から

小さな発見をして、驚き、感動することが愉しみ。。
永井荷風のように、
時にはパンプスブティック、時にはスニーカーくつ
テクテク…足跡
私らしい価値観で

街を眺めて行きたい。。にこにこ
 
 

 

Related Posts

Previous
Next Post »

2 コメント

Write コメント
yuyunekota
AUTHOR
2012年12月4日 5:50 delete

こんばんわ
阪急のトナカイさんが今年はいないっ
ちょっと寂しーなっ
ぽちりん☆(*^_^*)

Reply
avatar
馬明
AUTHOR
2012年12月4日 23:22 delete

つづきの都筑区お散歩日記さん、こんにちは。
きれいですね。もうクリスマスの飾り付けですね。

Reply
avatar